ビジネスローンを借り換える際のノウハウ

ビジネスローンの借り換えを検討するときの注意点

>

上手な借り換えのためのノウハウ

借り換えの方法とはどんなもの?

ビジネスローンの借り換え方法にはいくつか選択肢があります。
まず、低金利の代表格である日本政策金融公庫で借り換えるという方法です。
ただし借り換えのためには新しく日本政策金融公庫での授業資金融資も受けなくてはならないというルールがあります。

次に、ビジネスローンが複数ある場合は「おまとめローン」という銀行融資を利用する方法もあります。
複数のビジネスローンを返済して一つにまとめられるので、スムーズな返済が期待できます。銀行の融資は審査が厳しい面もありますが、銀行によってルールや基準は違うので検討するのも良いですね。

また、金利は高く設定されているビジネスローンではありますが、その特徴の一つとして限度額が高いほど金利が低いという点があります。よって限度額の低いものを利用している場合は、限度額の高いものに借り換えるという方法もあります。

色々な借り換え方法

ビジネスローンは、個人のローン(キャッシングなど)に比べて借り換え先が少ないという点があります。
よって、借り換えを検討している場合は色々な方法を広く検討した方が可能性は広がります。

日本政策金融公庫や銀行のおまとめローン、金利の低いビジネスローンなどの金融商品を探したけれどどうしても良い方法が見つからないという場合には、不動産担保という方法も考えられます。
借り換えの際の絶対条件として「金利が低い融資であること」が挙げられますよね。

担保として提供できる不動産(自社ビルなど)がある場合、不動産担保ローンというのは、資金の使途が自由であること、そして何より借り換えの大前提である低金利であることが特徴です。
また、担保にできる不動産がある、という事は、銀行での借り換えの可能性もアップさせてくれる可能性があるので、一緒に検討してみると良いですね。


TOPへ戻る