ビジネスローンを借り換える際のノウハウ

ビジネスローンの借り換えを検討するときの注意点

ビジネスローンとはなんだろう?通常のローンとの違いとは

まず、借り換えとはどういう意味で、具体的に何をするのでしょうか。 また、ビジネスローンを組んだ時に、どうして借り換えをする必要があるのでしょうか。 借り換えをするにはどのような手段があるのでしょうか。 まずは借り換えについて、正しい知識を身につけましょう。

上手な借り換えのためのノウハウ

ビジネスローンの借り換えは、上手に利用することによって資金繰りをさらに上手に行える可能性があります。 ビジネスローンの特徴をご紹介していくとともに、それに伴った上手な借り換えの利用方法をご紹介していきます。 借り換えの種類を知って、上手に借り換えられるようになりましょう。

ビジネスローンの借り換えの際の注意点

ビジネスローンの特徴や借り換えのノウハウが分かったところで「乗り換えの際の注意点」にも目を向けましょう。 単に「今よりも金利が安いものをみつけたからそちらに乗り換えよう」というだけでは借り換えのメリットを潰してしまう場合もあります。 気を付けるべきこととは何かをご紹介します。

どうして借り換えを検討する必要があるの?

ビジネスローンとは、個人に向けた融資ではなく、事業者(法人)に対して融資をしてくれるローンの事を言います。
主に企業の経営者や個人事業主が利用するというパターンが多いローンということになります。
つまりビジネスローンは、その名の通り借り主の事業運営資金に充てられるということですね。

さて、事業資金の融資を受けるというと、融資を受けるのは銀行からというイメージがあるのはないでしょうか。
実は今回ご紹介するビジネスローンは、銀行からではなくノンバンク系の金融機関、つまり銀行から受けるものではないのです。

銀行以外の金融機関によるビジネスローンを利用するメリットは、いくつかあります。
まず、銀行融資に比べて審査がシンプルで通りやすい、という点です。
銀行融資を受ける場合、莫大な資料を提出して会社の財務・経営状況を審査されるので、「審査に通らない」ということが多々あります。
ではビジネスローンはどうかというと、結論からいうと銀行よりも融資が受けやすいということが大きな特徴なのです。
これはなぜかというと審査の方法に違いがあることによるものです。
ビジネスローンの審査は「スコアリングシステム」という自動審査によって融資できるかできないか判断されます。
このため銀行融資に通らなかった中小企業や零細企業にも融資することが可能になったのです。

ただし、銀行融資に比べ金利が高い、という事もまた特徴のひとつといえます。
借りやすいローンではありますが、自動審査の採用によって審査のコストを下げたり、金利を上げたりして金融機関側のリスクを下げているのです。

TOPへ戻る